概要・利用案内

ショートステイとは

要支援・要介護の認定を受けた在宅で生活される方が特別養護老人ホーム等に一泊二日や一週間等の期間限定で入所し、日常生活のお世話を受けることのできるサービスです。

介護されているご家族のリフレッシュ、介護疲れの軽減、急な冠婚葬祭、旅行等の際にご利用ください。

利用案内

365日希望日にご利用できます。ケアマネジャーを通してご予約ください。

ご希望により送迎いたします。

サービス内容

たくまの里で行っている介護保険給付対象サービスです。

その他、入所者とそのご家族からのご相談に応じますのでお気軽にお申し付けください。

ご希望により送迎いたします。(料金片道184円)

左のサブメニューよりご覧になりたい項目を選択してください。

食事

管理栄養士が健康に配慮した献立でお食事を提供しています。

また、季節やお誕生日に合わせた特別メニューを提供します。

普通食(例)

  • 昼食

特別メニュー

  • おやつ

  • 花まつり

  • 七夕

  • 敬老会

入浴

週2回以上の入浴又は清拭を行います。

入浴する方の身体状態に合わせた介護入浴をご利用いただけます。

経験を積んだスタッフがマンツーマンでサポート致しますので安心して入浴できます。

  • 個人浴槽

    ご家庭用に近い浴槽です。

    広々とした浴室に手すりが付いています。

  • 介護浴槽

    側面が電動で上下するためまたぐ必要がなく

    また浴槽の底が腰の高さにあるので歩行に不安がある方でも楽に入浴できます。

  • リフト付き浴槽A

    椅子に座ったままの姿勢で浴槽に入る事ができます。

  • リフト付き浴槽B
  • ストレッチャー型機械浴槽

    座位姿勢を保持できない方が寝たままの状態で入浴できます。

レクレーション

季節ごとのレクレーションをします。※施設で計画するレクリエーションに係る費用は施設で負担します。

  • 節分
  • ひなまつり
  • 花見
  • 夏祭り
  • 七夕交流会
  • 紅葉狩
  • 敬老会
  • 忘年会
  • 初詣
  • お年始

その他に餅つきなど、1ヶ月に1回以上の茶話会、調理レクレーションを行っております。

フォトグラフ

写真をクリックすると拡大表示します。

  • そば打ち実演
  • ふれあい喫茶
  • 運動公園散策1
  • 運動公園散策2
  • 花火大会
  • 敬老会
  • 七夕交流会
  • 天ぷら実演
  • 餅つき1
  • 餅つき2

機能訓練

機能訓練指導員により入居者の状況に適した機能訓練を行い、身体機能の低下を防止するよう努めます。

健康管理

医師又は看護職員が常に利用者の健康の状況に注意し、必要に応じて健康保持のための適切な措置をとります

かかりつけ医との連携を行います

協力医療機関
くわみず病院 (救急指定病院)

〒862-0954

熊本県熊本市中央区神水1丁目14-41

菊陽病院 (応急指定病院)

〒869-1102

菊池郡菊陽町原水下中野5587

利用料金

①介護サービス費

(1日あたり)

要支援1要支援2
512円636円

(1日あたり)

要介護1要介護2要介護3要介護4要介護5
684円751円824円892円959円

②加算等

  • 入居者全員に算定する加算

    (1日あたり)

    機能訓練体制加算12円
    療養食加算(1食)6円
    サービス提供体制加算(Ⅰ)18円
    夜勤職員配置加算(Ⅱ)18円

    介護職員処遇改善加算(Ⅰ)8.3%上乗せ
    介護職員等特定処遇改善加算(Ⅰ)2.7%上乗せ
  • 該当者のみ算定する加算

    (1日あたり)

    送迎加算(片道)184円
    若年性認知症利用者受入加算120円

③居住費・食費

(1日あたり)

入居者負担段階対象者居住費食費負担合計
第1段階

市町村民税世帯非課税及び老齢福祉年金を受給している方

820円300円1,120円
第2段階

市町村民税世帯非課税であって、

課税年金収入合計と合計所得金額の合計が80万円以下の方

820円390円1,210円
第3段階

市町村民税世帯非課税であって、第2段階に該当しない方

1,310円650円1,960円
第4段階以上

市町村民税課税世帯

2,006円1,380円3,386円
※上記の利用者負担段階に該当するためには市町村からの「介護保険負担限度額認定証」が必要です。認定証に記載された負担限度額が利用者負担となります。

※介護保険適用の場合でも、保険料の滞納等により、事業者に直接介護保険給付が行われない場合があります。

 その場合、介護報酬の全額をお支払いください。利用料のお支払いと引き換えにサービス提供証明書と領収証を発行します。

 サービス提供証明書及び領収証は、後に利用料の償還払いを受けるときに必要となります。